☆埼玉最強ミリオン1100朝霞店14★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/09/26(火) 01:20:04.57 ID:20ZZrKym0.net
キチ●イ沸いたので新スレ

ミリオン1100朝霞店HP
http://www.p-world.co.jp/saitama/million1100.htm
ミリオンインターナショナルHP
http://www.million777.co.jp/top/index.php

前スレ
★埼玉最低ミリオン1100朝霞店11★
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1321353242/-100
過去スレ
★埼玉最強ミリオン1100朝霞店10遠隔信者★
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1301712192/
◆埼玉最強ミリオン1100朝霞9客減少◆
【軍団】ミリオン1100朝霞パチ編7【御用達】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1278508021/l50
【イベント】ミリオン1100朝霞パチ編7【大杉】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1266208400/
【お座り】ミリオン1100朝霞パチ編6【一発!】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1253284273/

・A/B館(17号、18号店)複合型店舗。
・H29.9.13リニューアル
 A館はスロットと1ぱち
 B館はぱちのみにレイアウト変更
・営業時間 10:00〜22:45 ミリオン電波時計でキッチリ終了。
 場内終了アナウンスがあった時点の当たり中は、その当たり終了まで有効。
 会員証提示で5分延長可。
 保留は×。当然「確変翌日持越し」「出玉保証」は無い。
・年中無休。とはいえ毎週のようにA/Bどちらか休む。大体交互に休みだが
 意表突いてA休→A休とかある。
・東武東上線「朝霞台駅」南口ロータリーより無料護送車運行中。
・駐車場 950台(開門08:00)
・ 4パチ540台 30玉交換。
  1パチ180台 特殊景品は0.85円。
・20スロ60機種3百数十台  6枚交換。
 5スロ 2スロ

・全台無制限、同館内での持玉移動共有は可ですが、いわゆるパチプーどもの共有や代打ち行為は禁止事項です。
・貯玉再プレイ 4パチA館B館それぞれ2000個まで(計4000個) 1パチA館B館それぞれ1000個(計2000個)まで使えます。
 20スロA館B館それぞれ500枚まで(計1000枚) 2スロは貯玉は出来ても再プレイは出来ません。
・入場順 パチは並んだ順、スロは09:30抽選(PCでの抽選)09:50整列開始。
 パチ新台導入初日〜約1週間は「新台確保券」を配布。会員優先入場はない。
 この店で新台打ちたい奇特な新台ハンターは早く並びましょう。
 開門前はPに車を入れられないので一人ではキツイ。川っぺりから入って
 適当に車停めて待合室前に並ぶか、複数で来て並びと車待機に分散するか。
 車待機者は後ろに並ぶことになる。割り込み&路駐厳禁!
 待合室内と外のベンチ以外は、あふぉ面で炎天下突っ立って待つことになる。
 待合室内は約30人収容(決して空調など無い。嫌煙者は二重マスク必須!)
 拡声器持ったガードマンの指示に従って割込み無く並んでね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:38:09.21 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

25 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 21:36:10.65 ID:RyRI1G3x1

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:53:26.44 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:33:13.91 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:40:20.48 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:46:01.61 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:52:18.65 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:37:54.08 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:33:52.50 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:36:54.50 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:52:36.66 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

24 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 19:44:40.84 ID:RyRI1G3x1

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:01:44.81 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:44:44.29 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:42:16.25 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:45:22.28 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:57:23.96 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:54:55.43 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:53:22.95 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

20 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 10:37:45.78 ID:RyRI1G3x1

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:32:37.08 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:56:24.48 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

30 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 21:56:02.21 ID:RyRI1G3x1

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:32:21.54 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:54:25.08 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:35:31.58 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:36:17.71 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:57:39.05 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:03:16.23 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:00:06.78 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

34 :センター試験石井くん:2018/05/15(火) 07:12:18.00 ID:RyO6FZyOy

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:56:27.77 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:57:42.37 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/23(金) 21:16:53.08 ID:fiqaYQlQ0.net

ジャグラーとかaタイプの島ずっとウロウロしてるホモみたいなやつと白髪の短髪の夫婦?できてる奴と能面みたいな顔したおばさん達は仕事がaタイプぶん回しなの?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:58:39.89 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:03:35.19 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:59:20.92 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:36:33.29 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:33:55.55 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:44:22.49 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:37:51.02 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

18 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 10:16:16.66 ID:RyRI1G3x1

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:39:46.46 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:52:56.69 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:03:19.69 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:00:03.29 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

37 :センター試験石井くん:2018/05/15(火) 10:14:48.14 ID:RyO6FZyOy

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:00:43.47 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:47:26.17 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:56:06.32 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/11/01(水) 06:10:40.81 ID:v24yOUzC0.net

☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。
国会の発議は可能です。お願い致します。☆☆

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:51:21.25 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:02:19.78 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:44:59.44 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:48:20.74 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:54:00.59 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

28 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 21:52:35.22 ID:RyRI1G3x1

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:55:32.38 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:48:03.02 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:02:37.93 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:41:54.31 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:32:58.84 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:41:39.22 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/09/27(水) 02:27:31.65 ID:fPKXdaEP0.net

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:46:43.51 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

32 :センター試験石井くん:2018/05/13(日) 00:05:38.48 ID:/4p2Xjv3c

232 :星野恵子:2018/11/23(金) 17:56:52.40

お前若いやつは馬鹿野郎自民党入れるからパセントに入れるからたこ早め亡くなれ、

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:32:16.93 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:32:40.09 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/09/30(土) 08:33:26.70 ID:RJks0ckBO.net

確かにパーソナル島はほぼボッタ調整っぽいけど、ナナシーの1台だけは右も左も良かったよ
もう締め直したかもしれんけど

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/10/04(水) 12:25:32.54 ID:yOk/iKBn0.net

羽根物に朝からくる夫婦?
小太りのキモいおっさんとばばあ。
じっくり釘見てる割には、だな。
見極めてんのかよ?w
いいな、仕事しないで食って行けるなんて

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:45:58.42 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:36:51.44 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:51:36.83 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:53:45.43 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:37:10.65 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:51:58.08 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:33:17.40 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:57:20.98 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

19 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 10:19:04.95 ID:RyRI1G3x1

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:38:30.79 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/12/23(土) 01:54:42.78 ID:bcVm0d5d0.net

2018年1月末、みなし機と高射幸機、絶望の全撤去、幸チャレ休業示唆
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/pachik/1513661472/18

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:57:02.00 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/11(金) 16:56:34.77 ID:r4D34KWvi

激アツはずし専門店

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:45:19.30 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:43:48.39 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:34:51.51 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:38:49.23 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:04:15.41 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

22 :センター試験石井くん:2018/05/12(土) 13:00:10.42 ID:RyRI1G3x1

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:40:23.30 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:45:42.38 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:39:08.89 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:02:00.80 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:48:42.79 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 19:03:38.16 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:39:06.13 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:50:02.79 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:41:16.16 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/10/27(土) 18:42:19.96 ID:IyPA6o1x0.net

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

(Visited 7 times, 1 visits today)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事